葬式関連情報について

葬儀の中でも伝統的な葬儀となる一般葬について

人が亡くなった際には最後のお別れの場として葬儀が執り行われますが、執り行う種類として一般的に多いのが一般葬になります。
一般葬は日本において一番多く執り行われる葬儀の種類であり、人間関係による縁に対して尊重したタイプの葬儀になります。
そのため伝統的な葬儀の種類とされています。
一般葬の特徴となるのが最後のお別れの場となる葬儀に対して、会葬者を特定に絞らないという点があります。
そのため家族や親類といった身内だけでなく、故人が生前お世話になった会社関係の人や知人のほかに中の良かった友人などが参列する事になります。
そのため故人の縁にもよりますが、規模が大きくなることも少なくない葬儀になります。
ただし規模を縮小する目的で家族葬や密葬の場合は親族に負担は少ないですが、葬儀後に最後のお別れが出来なかったとして故人の知人や友人から焼香による来訪が続いたり苦言を受ける場合があります。
そのため親族にとって一般葬儀は負担の大きな葬儀ともされていますが、葬儀後のトラブルが少ないのもこの葬儀の特徴といえます。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.