葬儀を執り行う際に選ぶ事ができる種類について

日本でとりおこなわれうる葬儀の種類として、一般的に多いのは仏式になります。
宗教の観点から仏教が一番多いという理由もありますが、それ以外んい神式やキリスト教式なども行われています。
また形式にも様々なプランがあり、生前故人が葬儀を決めていない限りは親族がプランを考えて決めることが可能となっています。
実際に葬儀として選べるプランの種類ですが、一番多いのが一般葬になります。
親族だけでなく知人や友人などを参列する基本的な葬儀プランです。
次に家族葬があります。
一般層よりも規模は小さくなり、メインとなる参列者も親類が多くなります。
次に特殊ともされる種類となるのが密葬などがあります。
またより葬儀に日数をかけずに行うのが1日葬と呼ばれるプランであり、最近増えてきている葬儀の1つとなっています。
そのほかに直葬と呼ばれるタイプなどもあります。
また逆に規模が大きくなる葬儀としては、合同葬や社葬といったプランなどもあり、葬儀といっても様々な種類から選ぶ事が可能となっています。

東京で仏具の修繕

火葬式プランなら低価格にてご提案しています
ご予算に合わせてプランもございますのでお気軽にご相談ください

川崎でお手頃な家族葬

最新投稿